通常検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

博士論文について

博士論文は、どのタイミングで登録すればいいですか?

A. ① 平成25年3月31日までに学位を授与された方の場合
審査済みの博士論文の登録は随時受け付けています。
学位を授与され、論文公開が可能になりましたら、登録手続きを行ってください。

② 平成25年4月1日以降に学位を授与された方の場合
平成25年4月1日に学位規則が改正され、やむを得ない事由がある場合を除き、博士論文の全文はインターネットにより公表されることとなりました。
機関リポジトリ担当へのデータ提出は、各研究科の大学院担当が取りまとめて行いますので、自分の属する大学院担当の指示に従ってください。

出版者のポリシーで一定期間、博士論文のリポジトリ登録が認められていない場合(エンバーゴ)、エンバーゴ期間が終了するまで申請はできないですか?

A. エンバーゴ期間中でも申請は可能です。登録作業の際に公開日を指定いたしますので、申請書の「公開希望時期」にエンバーゴ終了日をご記入ください。

リポジトリで公表する「全文」は学位論文として認められたものであり、そこから改変を加えることはできないのですか?

A. その通りです。教授会で「学位を授与する」と認めた論文をそのまま公表します。